ニューボーンフォトで後悔しないためのコツ&撮影レポ

ニューボーンフォト撮っていただきましたので今回はそのレポですー。

日々成長していく赤ちゃんなので生後すぐの姿をせっかくなので可愛く残しておきたいですよね。

ニューボーンフォトで後悔しないためのコツを個人的な失敗談を交えてご紹介します。

目次

ニューボーンフォトで後悔しないためのコツまとめ

ママもパパもいる時に撮影日の予約をしよう。

家族写真なかなか撮る機会ないのでせっかくだったら撮ってもらいましょう。

どんなイメージで撮影したいかをネットで調べてカメラマンさんに伝えておきましょう。

自分の「こんなんがいい!」とカメラマンさんの「これがかわいい!」が一致しない場合最悪な結果になります。撮りたい写真のイメージ共有しておくとリスクが減らせます。

・どんなイメージで撮影したいかの参考写真はスマホですぐ見せられるように準備

事前に伝えていてもお互い「これ撮りたかったのに忘れてた!」とうっかり忘れたりすることもあります。すぐに見せられるようにスマホでわかりやすいところに入れておきましょう。

・一緒に撮りたいものがあればカメラマンさんに事前に伝えて準備しておきましょう。

よく一緒に撮るのは結婚指輪エコー写真だと思います。

一緒に撮りがちなものはすぐ出せるように準備しておきましょう。

上記の結婚指輪やエコー写真は「一緒に撮影しましょうか」と声かけがある可能性があるので念のために準備しておくと良いですね。

・支払い方法を聞いておく。現金の場合は細かい金額でお支払いできるように現金ある程度持っておきましょう。

現金払いかカードを使えるのか振込かがわかるとお金の準備しなくて済む可能性があります。
銀行振り込みだと振込手数料かかったりもするので現金支払いの方がいいかもですね。お願いする会社が大手ならカード支払いも可能でしょうが個人でされているようなカメラマンさんならカード使えないと思います。

・モニター価格でお願いしていても最終的には結構なお値段がかかると覚悟しておくこと。

撮影してもらっているとあれもこれもとデータ欲しくなってしまいます。99.9%の確率で。笑

・気になることは事前にしっかり確認しておくこと

当たり前のようですが、気になることは確認しておきましょう。特にお値段について。

撮影後に「え!?こんなにかかるの!?」となっても撮影後に交渉することは難しいです。

・ママもパパもメイクと服と髪の毛のセットをきっちりしておくこと。

赤ちゃんと撮ってもらいたいってなった時にもしメイクしてなかったら地獄です。

カメラマンの方が来られる直前にミルクを飲ませてオムツを替えておくこと。

ミルクを飲んだらその後しっかり寝てくれます。

・NG行為など、撮影に関しての情報は夫婦間で共有しておくこと

うちの場合はモニターでお願いしていたので家族が勝手に写真撮ったり動画撮影するのはNGだったのですが私が夫に伝えていなくて夫が撮影始めてしまいました。

以下、レポを交えて詳細を説明します。

今回はInstagramで「モニター価格で撮影します」という投稿を見て「せっかくだしいっちょ撮ってみるか」という軽いノリでカメラマンさんに連絡しました。

やりとりはInstagramのDMで日程調整や自宅の場所、ニューボーンフォトについて気になる点などを質問し、まめにメッセージでお返事していただきました。

気になって質問したこと&回答

私が気になったことは主に以下の点です。

・いつ予約するのか?

・予約日はいつにするのか?

・予約した後、生まれる日がわからないのに日程変更は可能なのか?

・結局いくらかかるのか?

・何時間かかるのか?

・自宅撮影の場合、撮影にどのぐらいの広さが必要なのか?

私がお願いしたカメラマンさんについてのそれぞれの答えは以下の通りです。

・いつ予約するのか?

出産予定日がわかっているのでなるべく早く連絡しておく方が予約取りやすいです。

カメラマンさんの人気にもよると思うのですがおそらく人気の方は予定が早くに埋まってしまいます。

1日何件も撮影できないと思われますので希望の日で撮影をお願いしたい場合はできるだけ早くに連絡を取ってみることをお勧めします。

私の場合は出産予定日の1週間前に連絡しました。

・撮影希望日はいつにするのか?

カメラマンさんのおすすめで出産予定日から7日後ぐらいに設定されました。

生後1週間~3週間ぐらいがよく寝るのでこのあたりの撮影がいいみたいです。

・予約した後、産まれる日がわからないのに日程変更は可能なのか?

予約変更は可能です。産まれる日が遅れそうなことがわかった段階で早めにカメラマンさんに連絡しましょう。

予約変更お願いする場合にはまた先方の空いている日で設定をし直すことになるのでこちらも早めに連絡すると良いですね。

・結局いくらかかるのか?

私が当初お願いしたモニター価格だとカメラマンさんの指定の1データのみの納品で5000円です。

モニターでお願いしていても撮影しているうちに「あー、全部かわいいからたくさん写真欲しい!」と思えば全データで注文しなおすこともできます。

その場合は35000円でした。プラスで近所の駐車場の代金を実費でお支払いします。

お支払いは現金でも銀行振り込みでもいいみたいですが私は現金で最後にお支払いしました。

・何時間かかるのか?

3時間ぐらいかかりました。

赤ちゃんの機嫌やコンディションにもよるので余裕を見ておいた方がいいですね。

・自宅撮影の場合、撮影にどのぐらいの広さが必要なのか?

撮影場所は畳2畳分ぐらい。

スーツケースで来られて荷物を広げられたりするのでさらに1畳分ぐらいの荷物置き場所があればOKだと思います。

・赤ちゃんの服はどうするの?

赤ちゃんはオムツだけの状態で持ってきていただいた布や衣装を着せてもらうので赤ちゃん自体の服は気にしなくて大丈夫です。

当日の流れ(自宅撮影の場合)

カメラマンさん到着

自己紹介

衣装やセットなどの荷物を広げる

撮影場所に撮影用の床材や白い幕などをセットする

赤ちゃんをおくるみで巻いたり衣装を着せる

撮影

衣装チェンジ

撮影

衣装チェンジ

撮影

家族で撮影

出来上がり日やお支払いについての説明

お支払い

カメラマンさん片付け

さようなら

以上のような流れでした。

レポ

今回はInstagramでたまたまみつけたnewborn_nikonikoというアカウントのTakano Rieさんにお願いしました。

高槻のスタジオで撮影か、大阪府内や近隣他府県に出張撮影に来てくださいます。

前述しましたが最初はニューボーンフォト撮るつもりなかったのですがインスタでモニター価格の5000円で出張撮影で1カットデータもらえるならちょっと撮ってみようかなという軽いノリでインスタのDMから問い合わせしました。

生まれたての赤ちゃんに対して撮影とはどういうことをするのかわからなかったので撮影予定日をどうやって決めるのか、日程変更はどうなのかなどいろいろ質問しました。

また、カメラマンのRieさんもマメに細かくお返事と説明してくださる方だったので安心して撮影の予約をお願いしました。

撮影したい写真の雰囲気を伝えるために、自分の好みの写真をカメラマンさんに事前に共有しておくことが大事ですね。

うちは赤ちゃんが女の子ですが私がピンクのフリフリなどの女子女子したものが得意ではないので白や緑やグレーなどのナチュラルな雰囲気の写真をスクショして事前に好みを共有しておきました。

特にカメラマンさんの作品の中から好みの写真を選ぶとその衣装や素材を持ってきてくれるので確実ですね。

また、「赤ちゃんだけの撮影だし私たちはいいやー」と思っていても「ちょっと家族写真も撮っておきましょうか」という流れになる可能性が高いので家族写真でもこんなのが撮りたいかもというのは準備しておいた方がいいですね。

私たちは家族写真撮るつもりなかったのでどんなのが撮りたいかの準備しておらず、お声かけいただいていからあわててスマホでどんなのがいいのか探す羽目になりました。

また、私も夫も写真撮られる予定していなくてめちゃくちゃ普段着だったので慌てて着替えたり髪のセットをしたりしました。

そんなこんなで撮影当日、Rieさん大きなスーツケースで登場。

こんな大きなスーツケース持ってくるなら車は必須ですね。

うちはマンションなので近隣のコインパーキングに停めてきていただきました。

自己紹介してくださったのですが若くてかわいらしい雰囲気の明るい話しやすいおねえさんです。

「今日はこんなセット用意してきたんですがどうですか?」

と事前にお伝えしていた好みの雰囲気の写真を撮るための床材やおくるみや小物の説明をしてくれます。

私は基本的にお任せしましたがおススメ以外にもいろいろ材料持ってきてくれているのでこだわりがある方は自分でその中からさらに選んでもよさそうです。

撮影場所に撮影機材をセットします。

うちはマンションの窓際に広めのスペースがあるのでそこの3畳ぐらいを使って撮影スペースをセットしました。

好みのセットが決まったら赤ちゃんのお着換えをしてくれます。

Rieさんが裸にオムツ状態の赤ちゃんをあやしながら膝に抱いてくるくるくるっとすごい手際でお雛巻きをしていきます。

赤ちゃんは最初ぐずぐずとぐずっていましたがお雛巻きされてしばらくすると( ˘ω˘)スヤァってなります。

お雛巻きすごい。

また、撮影時は赤ちゃんが寝やすいようにホワイトノイズをYOUTUBEで流しながら撮影していました。

1着目の分をいろいろな角度から撮影してくれます。

撮影しながらちょこちょこヘッドドレスを変えたり結婚指輪を赤ちゃんの指にはめてみたりといろいろな変更を加えながらざーっと撮影。

私たちはそれを眺めている状態。

ひとしきり撮影すると衣装チェンジ。

そこからまた撮影。

撮影している風景や赤ちゃんを横から撮影したり動画を撮ったりするのはモニター価格ではNGで、全データ買い取りの場合にOKになります。

夫が横で写真を撮りだしたのでRieさんが「写真や動画撮影は全データの買い取りの場合OKなんですが、全データ買い取りで大丈夫ですか?」との確認が入りました。

オイオイと思いましたが私も夫にモニター価格で動画などの撮影NGという旨伝えていなかったし、せっかく撮影に来てくれたしいろいろ可愛く撮ってもらっている他の写真も家族写真もせっかくだし撮ってもらおうかなーという気になり

「あ、全データ買い取りで大丈夫です」

という話になりました。

全データ買い取りの場合は撮影料&データ料込々で35000円でした。ここにプラス駐車場料金が実費です。

お雛巻き系の衣装チェンジで大きく4種類の写真撮影が終わり、次は家族写真を撮ることになりました。

家族写真も最初は撮るつもりなかったのでそこから慌てて夫は自分の服を着替え、私は家族写真撮るならどんな感じがいいかの参考写真をググりました。

私は服も髪もまぁいいかというそのままの恰好で撮影に挑みました。結果、できた写真見たら髪の毛めっちゃ跳ねてましたね←

私と夫で赤ちゃんを抱っこしたものとか、赤ちゃんを二人で抱っこして赤ちゃんにキスしてる写真などを撮影しました。

その後にお雛巻きを解除して赤ちゃんが裸の下にふわふわパンツ履いているような写真を撮影して撮影は終了です。

撮影の合間に今回撮影した写真のアルバムやキーホルダーのグッズも作れますよというご案内もいただきました。

私はアルバムはいつも自分で作るので今回は特に他のものの購入はしませんでした。

何かアルバム作る時はいつもフォトバック という本みたいになるアルバム使っています。

ご参考までにどうぞ

オンデマンド写真集作成サービス フォトバック

撮影後には朱肉で足形を撮ってもらえるサービスがあり、さらに靴下のプレゼントまでいただきました。

ありがたい。

今回は全データがgoogleフォトで公開してデータをいただいた後にUSBを郵送でいただきました。

なので、価格としては下記のとおりです。

ニューボーンフォトの値段

モニターの場合

5000円+駐車場代

データ1枚

全データ買い取りの場合

35000円+駐車場代

全データ(123枚)+データ入りUSB+プレゼントの靴下+サービスの足形

でした。

今回は現金払いにしたので撮影後に現金でお支払いを行い、撮影機材を片付けていただき終了となりました。

また、googleフォトは2週間後に公開になってダウンロードできるようにしていただいていました。

今回は最初モニター価格で1枚だけでいいやと思っていたのに結局あれやこれやと全データいただくことになりましたがなかなかない機会でしたし、Rieさんの暖かくていい雰囲気の中で撮影していただいたので満足度の高いニューボーンフォトでした。

赤ちゃんはすぐに成長してしまうものなので生まれたての可愛い姿を失敗なく写真におさめるために今回のレポが参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次